ゲーム・アニメ 趣味 雑記

ゲームショー

今日から東京ゲームショーが開催されていますね。
今日はビジネスデーだったけど明日、明後日はすごい人なのでしょうね。
仕事があるのでいけませんが。
てーか、仕事がなかったら今日行ってた。
レイトサマーを1日分今日に回してね。
(ビジネスチケットは手に入れられるし。)


今回のゲームショーはXbox360PS3Wiiと次世代ゲーム機が勢揃い。
任天堂が参加していないのでWiiはちょっとすくないようですけど。
やっぱりというかついにというか・・・
PS3値下げしましたね。下位機種だけ
しかも、それでも高いし。
¥49980?一般人にはタケーよ。
ただ、次世代ゲーム機に関してのマーケッティングの手法が各社分かれているのが面白い。
Xbox360のMicrosoftは1年以上先に発売して先行逃げ切りを狙うと同時に
独特のコアなゲームで全体ではなく一部を確実にゲットしてます。
ちゃっかりブルーレイだけではなくHD-DVDも対応してたりと
次世代規格がどっちに転んでも影響がないようにしています。
Wiiを発売する任天堂は、今までのゲームタイトルで既存顧客をつかみ、
主に体感(?)する斬新なコントローラーで顧客の新規開拓を狙っています。
DSとの連携もあるかもです。
DSは単なるゲーム機としてではなく、
色々なことに使われるようになりましたし、老若男女問わないのが強みです。
SonyのPS3はPS2の再現を狙っているものかと思っていました。
しかし、あまりの値段に誰もが仰天しました。
「PS2にDVDがついていたことでライバルに打ち勝てた。
PS3もブルーレイが牽引役になってくれるだろう。」
とか、言ってもいました。
でも、DVDの時と違って次世代企画はまだ未定。
HD-DVDに対して優位だった容量もHD-DVDの3層化技術によって詰められ、
価格はHD-DVDの方が安価。
絶対に勝てるというわけでもない中、牽引役になるとは思いませんが。
価格に関しては廉価版のみ値下げしましたが、それでも断トツで高いし。
勝負を捨てたのか?とか考えましたけどどうやら違うようです
つまりはMSは従来のファンを、任天堂は広く全体を、
SONYは限られた一部の富裕層をターゲットとしているようです。
・・・SONYはそれでいいのか?

-ゲーム・アニメ, 趣味, 雑記
-

© 2020 みなずきめい.ねっと