自転車

ブロンプトンとBD-1試乗

横浜にあるGCSに折りたたみ自転車を見に行きました。
一応、事前調査でBD-1よりBROMPTONのほうが向いている気がしていましたが
実際に乗ってみてからでも遅くないということで両方試乗させてもらうことに。


まずはBD-1から。
実際に乗ってみると、かなり前傾になります。
サドルとハンドルが本当に遠い。
体の小さい人には向いてないです。
走り出す前に注意として、ハンドルがかなり軽いと言われましたが
クロスバイクよりも軽いものの予想の範疇でした。
ママチャリ感覚だとぐるんといっちゃいそうですけど・・・
走りは本当にスポーティ。
スピード感はCROSS3400よりも上です。
直線でスピード出してみましたが30km/hは軽く出ていたと思います。
あと、ボタン式なのでギアチェンジがかなり楽&正確。
休日のスポーツとして楽しむならうってつけかもしれないです。
一方のBROMPTON
BD-1に比べて、乗車姿勢が楽。前傾になる必要がありません。
ゆったりとした気持ちで乗れます。
こちらの注意としてはギアチェンジ。
内装変換というあまり一般的には見掛けない機構で、
外装と違ってクランクは回転させずにチェンジします。
むしろ回転中はチェンジできないですね。
無理すると壊れます。
一般的な外装とは逆です。
あと、BD-1が8段に対してBROMPTONは3段。
それでも最高速度とかはあんまり変わらないように思う・・・
ということは?
そうです。
ギアチェンジごとのペダルの重さが急に変わります。BROMPTONは。
この辺は慣れが必要ですね。
乗りゴゴチはBD-1と違って、『ガンガンいこうぜ』というよりは
景色を見ながらゆっくりいきましょうという雰囲気。
街のりにはBROMPTONのほうが合っている気がします。
スポーツというより普段使いですね。
折りたたんだ大きさは
  BD-1:W75cm×D39cm×H63cm
BROMPTON:W60cm×D30cm×H58cm
とあんまり差がないように思えますけど、
実際に見てみるとBROMPTONのコンパクトさが引き立っています。
重量はBROMPTONのほうが重いのですが、重心の位置のせいかBD-1より軽く感じます。
値段は大差ないけれど、BROMPTONは泥除け標準装備、バックライトつき、スタンド不要。
やっぱり、BROMPTONかな?私の場合は。

-自転車

© 2020 みなずきめい.ねっと